【与えることで、後で大きく与えられる】

ストレスクリア®︎マスターコーチ
人助け起業・副業支援コーチの
橋本幸明です。

「情けは人のためならず」
という言葉があります。

これには
「情けは人のためにならない」
という誤った解釈がありますが、

本当の意味は、
「情けを与える人は、
後で大きく情けを与えられる」
なのです。

「Giver:与える人」とは

自分だけでなく
人を幸せにするために
何かを与える生き方

をしている人。

その反対が「Taker:奪う人」

自分が利益を得られる
という結果になるように
頭を使う生き方

をしている人。

ここで言う「利益」には
「自己重要感」や「安心感」も
入ってくるかも知れません。

同じ与えるという行為でも
目的が

「自分と他人の幸せ」なのか
「自分の利益」なのかで、
生き方に大きな違いが出てきます。

「与える」という行為をした時に

相手に対して
何らかの反応を
期待しているかどうか、

その自分の状態や
無意識に期待していることを
振り返ることで

「Giver」の立場なのか
「Taker」の立場にいるのかが
見えてきます。

 

【魔法の質問】
期待を手放すために、大切なことは何ですか?

 

■現在のご提供メニュー

お話しお聞きしますセッション
詳細はこちらです

▼世界観ビジネスコンサルセッション
→申し訳ありませんが、
世界観ビジネスコンサルセッションは
満員御礼となっております。

ストレスクリア継続セッション
→本当に大変ありがたいことに
継続セッションは満員御礼と
なっております。

 

■LINEなら気軽にお話しできます

僕のLINE@に登録して
何かメッセージ頂ければ
1対1で話せます!

友だち追加

登録するだけなら
いつ誰が登録したのか私には
分かりませんのでお気軽にどうぞ。